トップページ > 島根原子力発電所の安全対策 > 安全協定に基づく現地確認 > (2021年5月18日)管理事務所(放射線管理区域外)での火災に係る現地確認

(2021年5月18日)管理事務所(放射線管理区域外)での火災に係る現地確認

 2021年5月18日に島根原子力発電所で発生した管理事務所(放射線管理区域外)での火災事案に関して、島根原子力発電所に係る鳥取県民の安全確保等に関する協定第11条に基づく現地確認を以下のとおり、鳥取県、米子市及び境港市が合同で実施しました。
(参考)
島根原子力発電所に係る鳥取県民の安全確保等に関する協定

1 現地確認の日時及び場所

令和3年5月18日(火)23時30分、島根原子力発電所管理事務所2号館(発生場所)

2 現地確認者

原子力安全対策課(2名)、西部総合事務所(1名)、米子市及び境港市の職員計6名

3 概要

5月18日、島根原子力発電所の管理事務所(放射線管理区域外)で中国電力社員が発煙を確認し、消火活動を実施。
その後、公設消防が鎮火を確認。なお、発生原因については消防が発煙したバッテリーを持ち帰り、調査。

4 確認内容等

  • 中国電力に経過、対応状況、環境への影響等について聞き取り
  • 現場において火災の焦げ跡を確認
    (参考)事案の概要
鎮火後の室内の様子(中国電力提供)
鎮火後の室内の様子(中国電力提供)

同形の投光器バッテリー(中国電力提供)
同形の投光器バッテリー(中国電力提供)
現地確認報告 [pdf:75KB]