トップページ > 原子力防災に関する普及啓発 > 鳥取県原子力防災専門研修 > 12月24日(金)第2回原子力防災専門研修をオンラインで開催しました。

12月24日(金)第2回原子力防災専門研修をオンラインで開催しました。

1 目的

 防災対策について、大学で研究中の第一線の専門家を講師に招いて原子力に携わる職員の専門研修を開催しました。
 当日は28名の方にご参加いただき、北田先生に大学レベルで学ぶ内容をやさしくご説明いただいた後、参加者からの質疑応答を行い、盛況のうちに終了いたしました。

専門研修 [pdf:548KB]

2 開催内容

(1)日時 
   ・令和3年12月24日(金)13:30~15:50
   
・国際ファミリープラザ ファミリーホール(米子市加茂町2丁目180番地)
     ※ウェブ会議システムを用いたライブ配信

(2)内容

  〔演 題〕
   
 原子炉内の現象から原子力防災を学ぶ

  〔講 師〕
    大阪大学工学研究科 環境エネルギー工学専攻 教授
    北田 孝典(KITADA Takanori)先生 〔大学からリモート出演〕
      ※平成28年10月17日~ 鳥取県原子力安全顧問

(3)定員および対象者等

  ・会場19名、ライブ配信9名
  ・原子力行政を担う自治体の職員および防災関係機関の職員、米子市民


3 主催・共催

主催:鳥取県

共催:米子市、境港市