トップページ > 原子力防災に関する普及啓発 > 鳥取県原子力防災専門研修 > 2月17日(木)第3回原子力防災専門研修をオンラインで開催しました。

2月17日(木)第3回原子力防災専門研修をオンラインで開催しました。

1 目的

 防災対策等について、大学で研究中の第一線の専門家を講師に招いて原子力に携わる職員の専門研修を開催しました。
 
当日は19名の方にご参加いただき、佐々木先生に原子力防災を行う上で必要となる専門的な問題をやさしくご説明いただいた後、参加者からの質疑応答を行い、盛況のうちに終了いたしました。


2 開催内容

(1)日時 
   ・令和4年2月17日(木)13:30~15:40
   
 ※ウェブ会議システムを用いたライブ配信を実施
      
(2)内容

  〔演 題〕
   
 放射性廃棄物処分と原子力発電所の廃炉

  〔講 師〕
    京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻 教授
     佐々木 隆之(ささき たかゆき)先生 〔大学からリモート出演〕
      ※平成28年10月17日~ 鳥取県原子力安全顧問

(3)受講者等

  ライブ配信19名
  ・原子力行政を担う自治体の職員および防災関係機関の職員、米子市民 


3 主催・共催

主催:鳥取県

共催:米子市、境港市